スポーツバイクの現状

コロナ渦で スポーツサイクルとそれに関するパーツ・ヘルメット・シューズなど

世界の生産業況が良くありません。

皆様が思っているより100倍厳しいです。

当社も非常に厳しい状況ではあります。 

例年の半分の在庫になっております。 それも先週までの話で 今はもっと少ないです。

販売して納品できるものがごく一部と非常に厳しい状態になっております。



2022年モデル バイクについて

コロナ渦で非常に入荷が厳しい状況です。

海外の工場では ロックダウンや工場での感染者が出ると 工場が停止になったりと 生産予定がよくない状況です。

現在新しくオーダーをすると2023年や2024年になるモデルも多数あり、完売のモデルも多数あります。


パーツも同じような業況です。

今の状況 105 カセット11-34を先月注文しました。 予定では2月頃だったのですが 変更になり2022年の7月になっております。

DISCのブレーキパットは何と5月に注文したものが2022年2月入荷予定です。

嘘ではないです。本当にヤバい状況です。


皆様も気になるモデルやパーツなどの御相談は本当に早い方がいいですが 待ち時間もかなり長いので その点もご理解ください。


去年の7月頃から品薄になり年末には回復するかと思われましたが 全然回復せず今年の春には多少の回復を期待しておりましたが 状態はどんどん悪くなっております。

現状が回復するのには あと最低でも2年 最大でも5年はかかりそうです。


日本はコロナも少なくなり 野外活動がしやすくなってきました。今後はイベントやレースなども 今まで出来なかった分 活発に行うと思います。

乗りたいときに乗れない状態が 続く可能性が非常に高いです。


コンポ パーツ関係の注文もお早めにお願いします。

当店にバイク・パーツが届きましたらすぐに組立整備をしますので ご理解頂きご成約お願い申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ヤマシゲサイクル